適性検査のススメ

航空適性検査とは?

航空適正検査は、ご自身の適性を把握していただくことを目的としています。
決心して訓練を開始したのに、身体検査で検査基準を満たすことが出来なかった。ということがないように、そして自分にはパイロットとしての資質はあるのか?など、その判断基準になるものが、航空適性検査です。

 


 

航空適性検査ってどんなことをするのですか?

航空適性検査は3種類です。
1.身体検査(航空身体検査基準に合致しているか)
弊社指定の航空身体検査医にて第一種航空身体検査基準に適合しているか?を検査します。
2.心理適性検査(航空検査医による精神適正検査)
簡単な筆記試験にて、精神適性
3.飛行適性検査(フライトシミュレーターによる)
フライトシミュレーターを用い、簡単な操縦を行います。飛行技術、注意力、判断力などを検査します。実施前に必要な座学講習を行います。(1時間程度) 

 


 

パイロットの道を決心する前に絶対受けるべきですか?

訓練は長期です。また費用もかかります。また、自分はパイロットに向いているのか?など、いろいろ考えていて「どうしよう。。。」と迷っているのでしたら、自分自身をチェックなさることをお勧めします。
自己を知ること。理解することも新しい道へのスタートです。

 

 


 

3種類全てを受けなければなりませんか?

いいえ。
まだ、パイロットの道を選択するのか?の段階ですので、全て受けなくてはいけないものではありません。
ただし、パイロットへの道を決意し、訓練を開始する場合、必ず航空身体検査を受ける必要があります。

 


 

適性検査受診後、すぐ訓練開始しなくちゃいけない?

いいえ。
この適性検査は、みなさんの判断基準の材料です。
今後、飛行訓練を開始するにあたりご自身の適正を十分踏まえて、訓練に臨んでください。

 


 

飛行適性検査(フライトシミュレーターによる)を、小野アビエーション東京事務所にて実施します
JAPA 日本航空機操縦士協会のフライトシミュレーター機器US21D飛行訓練装置を使用します。

このフライトシミュレーターは、通常、現役パイロットの慣熟/航空会社エントリーにおけるフライトシミュレーター対策にて皆さん利用なさっています。
完全予約制ですので、飛行適正検査お申込みは、2週間前までに、ご連絡ください。

 

BE58バロンのコックピット 計器類 基本操作の説明中
フライト中 滑走路が目の前に広がります 右が検査官席です
検査官席の飛行経路表示

操縦適性検査飛行資質評定表

検査結果の詳細

 

社団法人 日本航空機操縦士協会(JAPA)につきましては、社団法人 日本航空機操縦士協会(JAPA)さん取材 をご覧ください。

 


 

適性検査のお申込み詳細と詳細

お申込みはTEL:03-6904-9955にてお申し込みください。
機器予約が必要なので2週間前からのご予約をおすすめします。

飛行適性検査 につきましては

  • 検査使用時間  約2時間(インストラクション/機器検査/検査結果評価含む)
  • 料金   ¥16,200(機器使用料金:2014年4月1日より価格改定されました。)
  • 必要事項  なし

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

HOME小野アビエーションについて › 適性検査のススメ