2020年 新年のご挨拶



新年明けましておめでとうございます。

早いもので、私が米国での訓練事業に携わってから34年、小野アビエーションの発足以来21年目のお正月を迎えました。
この間、多くの方に夢を実現するお手伝いができた事を大変うれしく思っています。

しかし昨今、訓練を行う現場としては少々不安を感じる事が少なくありません。
2007年頃より顕著となったパイロット不足は、過去の一過性のものと違い様々な要因による構造的なものであり、当分は続くものと思われます。
これに対し、国や各航空会社そして大学などが受け入れ訓練生を増やすなど様々な手を打っていますが、パイロット養成は一朝一夕にはいきません。
それは訓練に必要な教官、機材、整備士に至るまで、パイロットと同様に育成に時間がかかり急激な増加が出来ないからです。
それどころか、一定の経験を積んだ教官や整備士はエアーラインへの移籍が相次ぎ、訓練現場では経験の少ない教官が訓練を行っている例も少なくありません。
訓練に必要な良質な小型機も市場からは姿を消し、訓練機材の大幅な増機も難しい状況です。
これからパイロットを目指し訓練を始める方が訓練校を選別する時には、こうした視点で考え決断する事をお勧めします。
小野アビエーションオレゴン校は、機材、教官、施設とバランスのとれた訓練校を目指しており、これまでと変わらず皆さんの夢の実現をサポートし続けます。
まずは、是非一度新橋事務所においで頂き、経験豊かなスタッフとお話しする事をお勧めします。
お待ちしております。

令和二年元旦
小野アビエーション代表取締役
小野日出雄

2020ono.JPGのサムネイル画像

ページトップへ

HOMEお知らせキャンペーン › 2020年 新年のご挨拶