スカイマーク Corvallis訪問2018

今年は三寒四温という言葉には当てはまらなかったような気がします。一日ごとに寒くなったり暖かくなったり。しかし季節はちゃんと変わり春になってきました。

そんな中、オレゴン訓練校にスカイマーク社よりお二人のお客様が訪問されました。
お二方とも、パイロット出身の役員とのこと。到着翌日より飛行訓練への同乗そして自ら操縦かんを握っての空域視察など、飛行環境の確認。
そして地上では教室、機材、宿舎など精力的に見学されていました。

201803sky1.jpg

教室では、訓練生さん達と連日懇談が行われ、日本では聞くことができない様々な話が語られたとか。その場に居合わせた訓練生はラッキーだったと思います。

今回、4日間にわたる視察の間には、偶然Hグループ4人の多発実地試験が予定されていました。しっかり見守って頂くこともでき、天候にも恵まれ、無事4名全員合格。我々スタッフ一同もひと安心でした。

     Aoki_IFR.jpg   Hamase_IFR.jpg   Maruo_IFR.jpg   Motoyama_IFR.jpg

当社がスカイマーク社の自社養成再開後の訓練を2016年4月より受託し、ちょうど2年になります。

この間、1期生32人の訓練を行い、現在訓練中のグループを除き全員が当地での訓練を無事に終了し帰国しています。
彼らは、日本の訓練校でも大変高い評価をいただいており、多くの訓練生がJCABの事業用そして計器飛行証明を取得されています。

2年前に訓練を開始したAグループ4名は、すでにB737の限定訓練を終えOJTの真っ最中。そして副操縦士としての勤務がもうまもなく始まろうとしています。
(この記事を作成中に、1名が見事副操縦士デビューしたとの連絡が入りました!!)
今回私たちも初めて知ったのですが、この4名はスカイマーク機内誌に登場しており(2018年3月現在)、これを手にしたスタッフからは「お~っ」というどよめきが。
頼もしく、そして誇らしく感じました。
近々スカイマークの飛行機に搭乗する機会がある方は、是非機内誌を手に取ってみてください。

201803sky3.jpeg

この4月より、当社はスカイ自社養成訓練2期生の訓練を開始します。
当社にとっても新たな挑戦であり、身が引き締まる思いです。

今後の訓練生増加に伴い教官訓練も続けており、現在は日本人飛行教官5名・日本人スタッフ1名と、一般の訓練生の受け入れにも全く問題はありません。

201803cfis.jpegのサムネイル画像
当社でプロを目指す人たちにとっても、スカイマーク訓練生の存在はとても大きなもので、知識や技術を分け合うことで互いの助けになるばかりでなく、飛行訓練に対する姿勢や意欲など学ぶものも多いと思います。

パイロットを目指すみなさん。小野アビエーションオレゴン訓練校で第一歩を踏み出してみませんか?スタッフ一同お待ちしていますよ。

201803sky2.JPG

ページトップへ

HOME訓練校からの便り › スカイマーク Corvallis訪問2018