No.83 2017年BBQ

今年もまた夏のバーベキューの時期がやってきました。

kobore83_1.jpg

日頃、限られた滞在時間の中で訓練を終了しようと、勉強とフライトの毎日を過ごしている訓練生さんに息抜きしてもらおうと始めた催しですが、スタッフ 訓練生が一緒になって準備を進めると、これまた楽しいもので、いつの間にか小野アビ恒例のイベントとなりました。 

毎年多くの訓練生が卒業されていきますが、このバーベキューもオレゴンのkobore83_2.JPGのサムネイル画像
楽しい思い出のひとつとなってくれればと願っています。
今年の夏は皆既日食という大イベントもあり訓練生にとってとりわけ記憶に残る事になるでしょう。(→皆既日食記念Tシャツ)

 

バーベキューの準備は数日前から始まります。スタッフは肉、飲み物、野菜、デザートなどを仕入れ、前夜から仕込みにかかります。
基本的には当社で準備するのですが、生徒さん達も積極的に協力してくれます。
というのも、各パイロットハウスには料理の得意な面々が多く、日頃の腕前を披露しようと張り切ってくれるのです。

そんなわけで、パイロットハウス1、2や、その他のゲストからも差し入れがあり以下のような豪華なメニューとなりました。
〈メニュー〉
焼き肉、焼き野菜、ビール、ポップ、果物(小野アビスタッフ)
マカロニサラダ、野菜サラダ (P1)
テープスープ (P2)
キムチチャーハン(ゲスト)
ミートバイ ブルーベリーケーキ(ゲスト)

        kobore83_3.JPG   kobore83_6.JPG   

        kobore83_4.jpeg   kobore83_5.jpeg

当日は、パイロットハウス1の庭で丁度お腹のすいた13時に、僭越ながら小野の乾杯の音頭でバーベキュー開始です。

今年は新たな企画としてビンゴ大会が行われました。
生徒さんとスタッフ全員に、もれなく豪華な(?)景品が当たると言うものです。

kobore83_7.JPGあらかじめくじ引きで引かれた番号順に改めてその場で当選番号が決まり中身が隠された福袋が渡されます。
当選者はその場で景品を手にして一言!
景品は、飛行バックやキャップ Tシャツに 時計といずれも航空に関したものです。

 


紅一点のMさんには小柄なパイロットが使用する飛行用のクッションがあたり、皆から歓声が。これって偶然なんでしょうか。
当選した全員で記念撮影です。

kobore83_8.JPG

その後は名物のスイカ割り、これはその後のデザートに。

    kobore83_9.JPG   kobore83_10.JPG

パーティは夕方には終わりましたが、スタッフが去った後も生徒さん同士のおしゃべりは夜まで続いたようです。
明日から、また厳しく、楽しい訓練が続きます。

kobore83_11.JPG


皆さんが自家用資格をとった後は、各種機体を選び北はシアトルから南はカリフォルニアへ、時にはオレゴンコーストへ自由に飛行する日々が続きます。
実はこれってパイロットにとって何物にも代えがたい経験なんです。
今後パイロットとして就職し旅客機で日々飛行する事となっても、それは自由に空を飛ぶと言う事ではありません。

先日、国際線で777の副操縦士をしている当社の卒業生が、サンフランシスコステイを利用して当校に飛行に訪れました。2日間の限られた時間ですが、DA20でめいっぱい飛行して帰りました。
国際線のパイロットにとって、自分で操縦かんを握って飛行する機会は実は少ないとの事。
在籍するエアーラインでは、出来る限りオートパイロットを使用して飛行する事を推奨しているそうで、自分が操縦する機会は非常に少ないとか。事故の原因の大半がヒューマンエラーであると言う事からでしょうか。
国内線のパイロットといえども、決められた路線を正確に飛ぶ事を要求されるという事では同じです。
そういえば、大手航空会社のパイロットが小型機のフライングクラブに在席されたり、グライダーやヘリに乗っている例が多いのも、きっとその様な理由なのでしょう。

就職した多くの卒業生が、アメリカでの飛行が一番楽しかったと言うのも分かるような気がします。
この限られた時間を、大切にそして楽しく飛行してほしいと思います。



ページトップへ

HOMEオレゴン情報こぼれ話 › No.83 2017年BBQ