おめでとうございます。パイロット誕生 NO.34



J.Mさん 飛行機 自家用(2019/09/21)

20190921JM.jpg

この度FAA自家用操縦士免許を取得致しました。
自家用操縦士の訓練を通して、空の楽しさと厳しさを実感しました。

不安もありましたが無事免許を取得できたのは、教官方や先輩、共に訓練に臨んだ仲間に支えて頂いたおかげです。心より感謝致します。
今後の訓練も、初心を忘れずに目標に向けて尽力していきたいと思います。






A.Mさん 飛行機 自家用(2019/09/21)

20190921AM.jpg

教官方のご指導、他の訓練生の支えのお陰で、無事自家用のライセンス取得することができました。
まだまだ課題は山積みですが、訓練始めたてのゼロの状態を思い返してみると、様々なことができるようになったと実感しています。

引き続き残るライセンスの取得に向け、精進いたします。






K.Mさん 飛行機 自家用(2019/09/12)

20190912KM.jpg

この度FAA PPLを取得することができました。
教官方をはじめ、日頃からお世話になっている方々に御礼を申し上げたいと思います。

今後はPICとしてフライトができるということで、楽しさを味わうと同時に、責任と自覚を持ち、訓練に励んで参ります。








S.Oさん 飛行機 多発限定(2019/09/05)

20190905SO.JPG

予期せぬ整備の長期化により、帰国日が迫る中、短い期間で集中的に訓練をして頂き、合格できました。
本当に、ありがとうございました。






S.Kさん 飛行機 自家用(2019/09/04)

20190904SK.jpgこの度、FAA自家用操縦士免許を取得致しました。
最初は不安でしたが、教官を始め多くの方々にサポートして頂いたお陰で取得することができました。大変感謝しております。

今後もより一層気を引き締め、空を飛ぶ責任をしっかり感じながら訓練に励みたいと思います。






S.Oさん 飛行機 自家用(2019/09/03)

20190903SO.jpg

この度、FAA自家用操縦士免許を取得致しました。
教官方始め、サポートして頂きました皆様に大変感謝しております。

この自家用過程では、空を飛ぶ楽しさは勿論のこと、飛ぶことへの責任を非常に感じました。

この先、より複雑な訓練内容になると思いますが、楽しむことを忘れず、何事も仲間とともに乗り越えていく大切さを改めて実感できたこの自家用過程を糧にして、今後も一意専心で夢に向かって精進して参ります。






A.Sさん 飛行機 自家用(2019/09/02)

20190902AS.jpg

この度FAA自家用操縦士免許を取得することができました。
訓練では多くの方に支えていただきここまで来ることができました。
この場を借りて、支えてくださった多くの方にお礼申し上げます。

今後の訓練でも、飛ぶことの楽しさを忘れずに、さらに気を引き締め、精進して参ります。








J.Oさん 飛行機 自家用(2019/08/22)

20190822JO.jpg

この度自家用免許をとることができました。
土日も指導にしてくださったおかげで、集中して準備することができました。本当に感謝しております。

まだ始まったばかりのパイロット人生ですが、やっと第一歩踏み出すことができました。この先どうなるのかわかりませんが、小野アビと自分の道を進んでみたいと思います。次の計器の訓練課程も頑張ります!






K.Sさん 飛行機 事業用単発(2019/08/22)

20190822KS.jpg

小野アビで過ごした時間は長いようで短かったですが、とても濃い時間であったことに違いありません。背中を押して下さった方、励まして下さった方、支えて下さった方、そして教官の皆様のご尽力のお陰で今ここまできました。
本当にありがとうございました。





Y.Kさん 飛行機 計器飛行証明(2019/08/20)

20190820YK.jpg

この度、FAA計器飛行証明を取得致しました。
日々、私達の訓練にご尽力いただいている教官方に感謝申し上げます。

計器飛行では、ATCとの交信や計器飛行進入といったより実践的なフライトを学ぶことができ、日々の訓練がとても楽しく感じた一方で、より細かな機体のコントロールが求められ、技術面で悩むことも非常に多くありましたが、教官方の熱心なご指導により、無事ライセンスを取得することができました。

今後も事業用、双発と訓練が続きますので、真摯に訓練に取り組んでまいります。





R.Mさん 飛行機 計器飛行証明(2019/08/17)

20190817RM.jpg

この度、計器飛行証明を取得いたしました。
計器飛行課程では各フライトの準備に割く時間が圧倒的に増え、毎日が本当にあっという間に過ぎていきました。
慣れないATCや計器のみでの機体の姿勢維持には悩まされましたが、教官方の熱心なご指導や温かいサポートにより、無事に乗り越えることができました。
アメリカでの訓練生活も残りわずかとなりましたが、残る事業用操縦士免許の取得に向けて、より一層気を引き締めて取り組んで参ります。




ページトップへ

HOMEパイロット誕生 › おめでとうございます。パイロット誕生 NO.34