訓練カリキュラム

取得可能ライセンス
最適な訓練環境、経験豊富な教官、そして完成されたカリキュラムにより以下のライセンスが取得可能です。

飛 行 機 自家用操縦士 PVT 陸上単発、陸上多発
計器飛行証明  IFR 陸上単発、陸上多発
事業用操縦士 COM 陸上単発、陸上多発
飛行教官  CFI,CFII,MEI 陸上単発、陸上多発
定期運送用操縦士 ATP 陸上単発、陸上多発
国内訓練校入校準備コース エアラインパイロットを見据えた訓練コース

 


 

 1.飛行機のパイロット 

自家用操縦士陸上単発 (趣味として飛行される方、または上級資格を目指す方の第一歩として..)
すべての飛行機のライセンスはこの資格から始めます。
平均60日、飛行時間は55時間のカリキュラムです。 教官と45時間の同乗飛行訓練、単独飛行は10時間となります。
筆記試験、実技試験がそれぞれあり、試験に合格後は機長として飛行が可能です。
自家用資格(単発、多発ともに)は日本国内の資格(国土交通省)に切り替え可能です。(自家用操縦士【法規】筆記試験の合格が必要です)

陸上多発限定
自家用単発取得後に取得します。14時間の訓練、実技試験1時間が平均です。10時間以下で取得される方もいます。

計器飛行証明
計器類を基に飛行するライセンスです。視界の全くない雲の中でも安全に目的空港まで飛行ができます。
趣味で飛行する自家用操縦士の方でも、この資格を取得すると安全な飛行ができるようになります。
プロのパイロットを目指す方は必須資格です。

事業用操縦士  
プロフェッショナルを目指す方のライセンスです。FAA(アメリカ連邦航空局)の事業用を取得します。
平均6カ月、250時間の飛行時間です。自家用陸上単発を取得後に事業用訓練を行います。
FAA事業用のライセンスは日本国内の事業用ライセンスにそのまま書き替えはできず、国内で再訓練が必要ですが、FAA事業用ライセンス保持者は国内訓練、実技試験において科目免除項目があり、国内における訓練期間の短縮/費用の削減となります。 

フライトインストラクター
事業用ライセンスと計器飛行証明を取得後に訓練実施が可能です。飛行訓練は30時間程度となりますが、教官としてのレッスンプラン作成など更に多くの知識と経験が必要となり、6ヶ月程度の期間が必要です。
英語力はもちろんのこと、コミュニケーションスキルや人間性も求められます。

定期運送操縦士
アメリカ国内などで、ラインパイロットを目指す方のライセンスです。 飛行時間は1,500時間が必要で、自費で取得することは困難です。一般的にフライトインストラクターなどの経験者が上級ライセンスとして取得するライセンスです。

国内訓練校入校準備コース
エアラインパイロットを踏まえた飛行訓練コースです。
自家用操縦士陸上単発/多発限定/計器飛行証明/事業用を取得しながら、各国内訓練校入校の為に必要な飛行時間と経験を積んでいきます。
国内訓練を踏まえた流れでアメリカ訓練を実施します。

 

 

 

 

 

ページトップへ

HOME訓練環境 › 訓練カリキュラム

現地訓練校のご案内

コルバリス空港について

訓練カリキュラム

使用機材

パイロットハウス